福岡山王病院で出産(入院中の面会・生活についてまとめています!)

RIKO

福岡山王病院での入院生活についてレポートします♪

私は2021年5月コロナ禍の中、緊急帝王切開で出産しました。

出産から退院までの流れと入院中の食事をまとめました。

陣痛中に子宮口が開かず、赤ちゃんの頭も降りてこず心拍も危なかったので、帝王切開をすることが決まり病院から夫に連絡がありました。

→夫が病院到着後、手術の同意書にサインをすると同時に私は手術室に運ばれました。

夫が書類にサインをするまでは私の手術が始めることができず、手術の準備が早く終わったので陣痛に耐えながら夫を待ちました。この時ばかりは早く来ない夫を呪いました(笑)

→夫は7階の病棟の空いている部屋で手術が終わるまで待機していたようです。

手術が終わり、処置を済ませた息子が先に病棟に戻り、夫の待つ部屋へ。そこで産まれたばかりの息子と夫が対面することが出来ました。一時して、術後の処置を済ませた私が病棟に戻ってきたタイミングで夫と会い、廊下で少し話すことが出来ました。

夫と会えたのは、この時が最初で最後です。

ちなみに、普通分娩では立会い出産は出来ませんが、立ち会い出産希望する方は、夫のみ出産の前後15分ほど立ち会うことが出来るようです。夫が産まれたばかりの我が子を見れる最初で最後の瞬間なので、立会いを希望していた方が良いと説明を受けていました。

入院生活は9日間、その間コロナ禍のため誰とも面会出来ませんでした。さびし〜

RIKO

入院中はパソコンを持って行きました!夕食を食べた後に夫とzoomを繋いで、会話をしたり、息子を見せたりしていました。面会が無く寂しかったので、夫と話すだけでも寂しさが紛れました!

手術後は、尿道に管を通し足元には血栓予防のためのポンプが付いているので、ずっと足元は温められレッグリフレの様に加圧マッサージをされていました。ポンプが付いている間は寝たきりで、夜の手術だったので、次の日の朝10時くらいまで水分と食事は摂れませんでした。

出産して2日目の夕食から3分粥→5分粥→全粥と食事をすることが出来、3日目の夕食にはお祝い膳が出ました。

退院後にもお祝い膳のコース料理がプレゼントで付いていますが、入院中も出るんですね!

赤飯と鯛が小鉢に入っていて、ささやかですがお祝いムードの食事です。

毎日の食事にプラスして、10時に日替わりスムージー・15時にはおやつが出ました。

この日は小松菜のスムージーだったので見栄えが、、、

このスムージーが驚く位、美味しかったです!レシピを貰えたので家でも作ってみたいと思います。部屋に付いている冷凍庫に入れて、お風呂上がりにシャーベットみたいに食べると気持ちよかったです。

15時のおやつは(火木土だったかな?)紅茶が付く豪華な日があります。(普段はぶどうジュース等)

↓豪華な日のおやつです。少し華やかになり、紅茶がポットで出てきます。

この他に和菓子の日もあり、どれも本当に美味しかったです!

今回、私は帝王切開で長期入院のため、朝食と昼食は和食・洋食どちらにするかメニューを見て選ぶことが出来ました。↓ある日の朝食と夕食です。

食事はどれも本当に美味しかったです。温かい食べ物は温かいまま食べられて、さらに薄味なのに薄味と感じさせない満腹感でどんな風に作っているのか教えて欲しいくらいでした。

出産準備品を調べていた時に、病院の食事の白米の量が多いから『ふりかけ』があると便利と見ていたんですが、私には必要ありませんでした。少し大目ではありましたが、白米だけが余ることも無く普通に食べられる量でした。

産後はお腹を切っている為、腹筋を使うことが痛くてお腹を曲げたり、クシャミが出来ませんでした・・。妊娠中は便秘だったので便を出すことが怖く先輩ママさんからの助言を頂き、酸化マグネシウムの便秘薬を出して貰っていましたが、必要ない位自然にお通じが出て驚きました。(笑)

入院中の生活・産前に準備していたもの

部屋にはトイレ・お風呂・洗面台・冷蔵庫・テレビ・クローゼットが付いています。

私は1番下のお部屋に空きが無いということで、下から2番目の部屋になりました。

1泊12,000円だったかな?

病棟に授乳室は無く、部屋にミルクの調乳の為のポットを準備して貰えるので部屋で授乳をします。

授乳の時間になったら助産師さんが部屋に来てくれて、授乳の仕方等のアドバイスをしてくれました。食事も部屋で食べるため、他の入院している方と会う機会はほとんどありませんでした。

RIKO

授乳中、部屋に誰も入って欲しくない場合は、部屋のドアノブにカードを掛けると良いそうです。

隣の部屋から赤ちゃんの泣き声が聞こえたりすることもなく、私以外入院しているのかな?と思うほど(笑)

助産師さんは2交代制で、朝〜夕方まで・夕方〜次の日の朝まで、2人の方が担当してくれます。

入院中は同じ助産師さんになることが1、2回あるかな?位でした。大きな病院だから人数が多いんでしょうね。個人的に出産に入る助産師さんはベテランの方で、入院中に担当してくれた助産師さんは若い方が多い印象でした。

基本は母子同室ですが、夜間は毎日預かって貰えたのでゆっくり寝ることが出来ました。

夜間、赤ちゃんを預かって貰う際は『夜の何時までは授乳して朝は何時から部屋で一緒に過ごします』と希望を聞いて貰えたので助かりました。自分で希望の時間にナースステーションに預けに行ったり、担当の方によっては部屋まで迎えにきてくれる方もいました。

また、預けている間はミルクを飲ませて貰いますが事前に母乳を搾乳しておけば、搾乳した母乳を飲ませてくれます。搾乳器は貸し出して貰えました。

(病院の搾乳機はメデラの手動タイプ)


入院準備品の中で役に立ったもの

・面会が禁止されていたので、入院中の飲み物は多めに持って行きました。

(2リットルペットボトル×6本、500ペットボトル3本)

1階の売店や病院内の自動販売機で飲み物など買うことが出来ますが、わざわざ7階病棟からエレベーターで行くのが面倒なので多めに持って行って良かったです。

部屋に調乳の為のポットを準備して貰えるので、タンブラーと紅茶・コーヒー等のティーバックを持っていけば温かい飲み物も飲むことが出来ます。冷蔵庫もあるので冷やすことも出来ました。

事前に調べていた持ち物で、陣痛中のエネルギー補給にウィダー等のゼリー・夜中にお腹が空いた時用にお菓子を準備していましたが、全然食べなかったです。それどころじゃ無かった(笑)

夜間はずっと預けて授乳をすることもなかったので、夜中にお腹が空くこともなかったです。

面会は出来ませんでしたが、荷物の受け渡しは出来るので(病棟の看護師さんに渡す)必要なものがある時は家族に買って来て届けて貰ったりすると良いかもです。

・パジャマは、前開きワンピースタイプ1枚・前開きのもの2枚、計3枚用意しました。

病棟内にコインランドリーがあるので利用することが出来ます。自分で洗えば、そんなに枚数要らないのかもです。洗濯機・乾燥機(15分だったかな?)どちらも200円位だったと思います。洗剤は自分で用意するようです。

私は夫に洗濯をお願いして届けて貰いました。急遽入院が長くなったので用意していたパジャマでは足りず、5月の出産だったので、上はTシャツ、下はユニクロのリラコで過ごしたりもしました。

出産前に、前開きじゃないとお腹が丸見えで授乳の時にやりづらいとか、授乳中に自分が寒いとか聞いていましたが、部屋で授乳をするため誰からも見られないので特に気になりませんでした(笑)

遠くの方で見えた他の入院中の方も同じような格好でしたよ〜!あとは、病院のパジャマを借りている方もいました。

ただ、産後の検診に産科へ行く日は2階までエレベーターで降りるので、上下セットのパジャマを着ました。(エレベーター内で一般の方に会ったり、産科の待合室には妊婦さんがいるので)

私が陣痛が来た日は休日だったので1階の会計がお休みでした。入院手続きを受付でする必要があり「開いていないから後日しましょう」と言われていました。

結局、急遽帝王切開に決まったので翌日は寝たきりだったりと動けず、動けるようになった日に突然「今から1階に行って手続きして来てください」と言われ、ちょうどその時は上下セットのパジャマを着ていたので良かったですが、リラコだったら少し恥ずかしかったかも。

そんなことを考えると普通のパジャマを準備していた方が気持ち的には安心かもですね。

私は5月の出産だったので、基本は半袖パジャマを準備して、長袖パジャマは1枚だけ用意しました。寒くなった時用に、パーカーとカーディガンを持って行きましたが、着ることはありませんでした。

冬場だと準備しておいた方が良いと思います。

母乳を飲ませた後に赤ちゃんの飲んだ量をスケールに測りに行くんですが、スケールがナースステーション付近の廊下にあるので、部屋によっては少し遠いです。私も遠い部屋でしたが、冬だったら寒そうです。


・スリッパは貰えます。

病院より貰った入院準備品のリストの中に、スリッパがあったので持って行きましたが、入院の際に貰う(お産パット・授乳パットなどが一式入ったバッグ)の中にスリッパが入っていたので持参した物は使いませんでした。

病院のスリッパは、タオル地で簡易的なホテルにあるペラペラのものでしたが十分でした。

・ドライヤーは貸し出しがあります。

私は持って行きましたが、借りる場合は毎回ナースステーションまで取りに行き、利用後は返却する必要があります。濡れた髪の毛で取りに行くことになるので、持参した方がラクだと思います。

・産褥ショーツは1枚だけ産院が用意してくれます。

「産褥ショーツは1枚あれば良いと」検診時に看護師さんが教えてくれたので、産褥ショーツは購入せず生理用ショーツを準備していました。

産後は生理用ショーツを履いていましたが、帝王切開の傷口にゴムが当たって痛かったので、マタニティショーツを自宅から持って来て貰いました。

もしもの為に、マタニティショーツもあると便利かも知れません。

・ドーナツクッション、授乳クッションは用意されています。

・毎日午前中に清掃が入り、タオルも新しくしてくれます。(バスタオル・タオル1枚ずつ)

・荷物が多く、重かったのでスーツケースで行きました。(海外旅行5泊分くらいのサイズ)


入院前に準備していなくて後悔したアイテム

出産によって骨盤が開いたので入院中は普段通りに歩くことが痛く、帝王切開の傷口も痛いのでヨチヨチ歩きになりました。足を上下に動かすことが出来なかったので、足を横に開きながら?引きずりながら?歩いていました。(引きづるまではないけど、本当に上手く歩くことが出来なかったです……)

朝の沐浴の時間には、ナースステーションまで息子を連れて行かないといけないので、息子が入っているベットに重心を預けながら歩いていました。

病院から退院して自宅に戻っても骨盤の痛みは続き、椅子から立ち上がったり、布団から起き上がったりした瞬間の歩き始めが痛くて痛くて……。さらに骨盤が開いているから恥骨も痛く、不意にズキンと痛みがくるので、素早い動作が出来ませんでした。

骨盤を支えようと妊娠中に着けていた骨盤ベルトをつけましたが、帝王切開の傷口に当たり痛いので、楽天でピジョンの産後用骨盤ベルトを購入しました。ピジョンの産後用骨盤ベルトには帝王切開でも使えるものがあり、傷口に当たる部分はフワフワなので全然痛くなかったです!


産後の骨盤を絞めるようとは言え帝王切開にも使えるものだから、ベルトの締め付けって緩いのかな?と思ったんですが、そんなことも無くしっかり骨盤を支えてくれるので、歩くのが凄くラクになりました。たまにズキンと感じる恥骨痛も減ったので驚きました!本当に締めてくれているんですね。

これだけは、入院前に準備していなかったことを本当に後悔しました!

実は入院中に、同じ骨盤ベルトを着けている方が居たんですね。息子の体重を測りにスケールまで行った時に、その方は入院中からパジャマの上に骨盤ベルトを着けていました。

出産の時に骨盤は10センチ開くと言われていますよね。

骨盤の開きを戻さないと体型も戻りづらいので、産後に骨盤ベルトを着ける方も多いと思います。

自宅に戻ってから着けるよりも開いたばかりの時から着けておいた方が、やっぱり戻りも早いと思うので、出産直後の入院中から骨盤ベルトを着けておくことは大事だと思いました。

多分、産後の恥骨痛とかも入院中から着けておく事で軽減できたのではないかな?と思います。

唯一トイレに行く時だけ付け外しが面倒ですが、普通の生活程度ならズレたりもしないので、本当に買って良かったアイテムです。

早めに準備していなかったことだけが後悔です。