【絶対オススメ!】乳児湿疹が改善した赤ちゃんの洗い方

生まれてすぐに、頬にニキビがポツポツ出来始めた息子。

1ヶ月健診で相談すると乳児湿疹と言って赤ちゃんに多く現れる症状のようでした。

乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹のことで、顔・首・頭皮を中心に発症するようです。湿疹は、赤いポツポツしたもの、黄色いかさぶたやフケのようなもので覆われているもの、膿の流出があるものなどさまざまな形状で現れ、乳児湿疹の原因は、胎盤を通して赤ちゃんに渡されたママの女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられているそうです。

小児科の先生によると「乳児湿疹」は男の子に多いそうです。

「ステロイドの軟膏を塗ればすぐ治るけど、赤ちゃんの頃からステロイドを使うのはあまりオススメしない」と言われ、毎日の洗浄と保湿をしっかりすると改善すると教えてもらいました。

それまで息子の顔は、

・全身使える泡ソープで優しく洗う

・ガーゼで優しく泡を拭き取り流していくように洗っていました。

RIKO

入院中の沐浴指導で教えて貰った沐浴の方法です!

この洗い方が石鹸のすすぎ残しの原因になったり、薄い赤ちゃんの肌をガーゼで擦ってしまうことで、肌荒れの原因になってしまっていたようでした。

生後1ヶ月からシャワーで顔を流すようにしました!

1ヶ月検診で入浴の許可を貰ったので、大人と同じようにお風呂に入れるようになりました。

そこで、顔も勇気を出してシャワーで流すようにしました。

〜私がしている洗い方〜

  • お風呂の椅子に座り、自分の太ももの上に息子を寝かせます。
  • 寝かせた状態で全身を洗い背中は自分に抱き寄せて洗います。
  • 最後に顔を洗います。
RIKO

顔を泡で洗った後の洗い流しは「ガーゼ」を使って拭き取りはしません!

〜顔を泡で洗った後の流し方〜

  • 頭の後ろから両耳を片方の手で塞ぎ、顔がコチラを向くように起き上がらせます。
  • 頭を立てた状態で、直接シャワーを頭の上から流して洗います。

赤ちゃんは元々お腹の中にいた頃は羊水の中に居たので、目に水が入っても平気だそう。また、水が顔にかかれば反射的に目を閉じています。

最初は直接シャワーをかけることも怖かったですが、親の心配をよそに息子は平気そうにしていました。生後2ヶ月経った頃には「流すよ〜」と声をかけると目を瞑るようになりました。

1ヶ月の頃から流しているので、怖がって泣いたりはしません。

シャワーで流すようになって肌を褒められるようになった!

息子の顔をシャワーで洗い流すようになってから、乳児湿疹が気にならなくなりました。

さらに、襟足や首の付け根に出来ていた赤いブツブツは泡のすすぎ残しだったようで、シャワーで洗い流すようになってからは出来なくなりました!

子育てサロンに行くと、同じ月齢ママや1ヶ月違いの先輩ママから、

先輩ママ

肌が綺麗〜!乳児湿疹をどうやって治したの?

って聞かれるようになりました!

シャワーで洗い流しているって話すと驚かれますが、息子の肌がスベスベなので「早速マネしてみよう〜」と言われます。

赤ちゃんのシャワー浴おすすめです♪

赤ちゃんを洗うときの全身泡ソープは色々な種類を試しましたが、1回のすすぎでしっかり流せるフィルベビーが洗いやすかったのでオススメです!!