【ユーレイルパス21カ国鉄道旅】ノッティングヒルの恋人で有名な“ポートベロー・マーケット”を散策してきました

RIKO

こんにちはRIKOです。

夫婦で2020年1月、1ヶ月間ユーレイルパスを使ってヨーロッパ21カ国を周遊旅行しました!ブログでは旅の記録をまとめています。

映画「ノッティングヒルの恋人」で注目を浴びた、多くの著名人が暮らす、ロンドン西武のハイソなエリア。ハイセンスなショップやレストランが立ち並び、毎週土曜日に開催されるボートベロー・マーケットでも名高いですね。

ポートベロー・マーケットまでの交通アクセス

(地下鉄) Notting Hill Gate駅が起点になります。

駅に着いて5分程、北へ向かって歩くとたくさんの露天が見えてきます。駅に着くと多くの看板が建っているので分かりやすいと思います。

ポートベロー・マーケットに行くなら(地下鉄)Ladbroke Grove駅も便利だと思います。

両駅間は歩いても15分程の距離でした。

ポートベロー・マーケットは土曜日以外も開催している!

実は、ポートベロー・マーケットは日曜日以外は毎日開催されています。メインは土曜日ですが、曜日毎に出店しているお店が違います。土曜日は「アンティークマーケット」で、ヴィンテージの食器やアクセサリー、鞄、洋服などが並んでいます。

メインの土曜日以外にも、古着や若手デザイナーが洋服やアクセサリーを販売しています。

絵の販売もありました。購入したいな、と思いつつこの先の旅のことを考え断念しました。何もなければ購入したかったです。

こちらは、毛皮製品や木製のアルファベットの文字がデザインされたものを売っていました。

アルファベットを並べて「WELCOME」の表札を自分で作ったり出来るみたいです。色がダークなものばかりだったので最初は何か怖いものなのかと思いました・・・(笑)

キーホルダーや部屋などに飾れるボードなどが売っていました。お土産には良さそうです。

皮の鞄もお手頃な価格でゲット出来そうでした。好みなデザインがあれば、お買い得ですね。

値札は付いていますが値段交渉も出来そうな雰囲気でした。

レコードもたくさんあって掘り出し物が見つかりそうです。

他には野菜などの食品も販売しています。結構お買い得みたいで、現地の方はたくさん購入していました。

チーズやキッシュ、パイやケーキなども並んでいました。美味しそうです。

小腹が空いたら屋台のようなお店で食事も出来ますし、こういったお店で軽食をサクッと買って食べながら歩いている人も見かけました。

アンティーク好きでなくても楽しめる!

アンティークはもちろん、イギリスらしいお土産や雑貨、生鮮食品まで揃っているヨーロッパ最大級のストリート・マーケットであるポートベロー・マーケットはロンドンらしさがたっぷり詰まっていました。

クチコミを見ると、以前に比べると「活気が少なかった」などネガティブな評価もありましたが、マーケット初心者の私には雰囲気を味わうだけでも十分でした。

私たちは購入したものはありませんが、購入せずとも雰囲気だけで楽しめましたし、アンティーク好きでなくても、ただ通りに沿って歩くだけでも楽しめると思います!

ポートベロー・マーケット

住所:Portbello Rd,W105TE

時間:9〜18時頃

休日:日曜日